このページの本文へ
ここから本文です
最新のコメント
最新のトラックバック
最新のエントリー
大人のブログ探訪

「団塊の世代の中年おやじの変なこだわりと、今夜のおつまみ。」

2006/01/19

「団塊の世代の中年おやじの変なこだわりと,今夜のおつまみ。」  「このブログを始めたきっかけは,団塊の世代の方たちとのネットワークを築きたかったからです。ですから,開設当初は,団塊世代のライフワーク全般を取り上げるつもりでした」

 こう語るのは,『団塊の世代の中年おやじの変なこだわりと,今夜のおつまみ。』というブログの作者である「とめごろう」さん。しかし,元来の“のんべえ”気質ゆえか,しだいに特定のネタが多くなっていったという。

 「いつの間にか,自分で作る酒の肴のネタが主になってしまいましたね(笑)。でもこれからはそれ以外のネタも取り上げようしようとは思っているんですよ」

 こう語る「とめごろう」さんだが,この酒の肴のエントリーがなんとも心地よく楽しいのだ。

私の両親はいわゆる引揚者(満州からの)です。
そこで覚えてきたのか分かりませんが,里帰りすると夕食に朝鮮そばが出されます。
昆布とかつおぶしでだしをとり,なるべく脂のある牛のばら肉を2~3時間煮立てあくを取り塩,しょうゆ,みりん,砂糖で味を調え冷やします。
丼にこのスープと(夏は氷も)茹でた細いちじれ麺(中華麺)を入れ具はだしをとった後の牛肉とキムチ,ねぎ,ゆで卵を乗せて出来上がり。もし明日仕事が休みならすりおろしにんにくは是非入れて下さい。
中華麺の代わりに素麺でも美味ですし,冬でも冷たくしていただきます。
代々味を引き継いでいく料理の一つで,我が家でも子供たちが来ると私が作りますが,娘が作る時もあります。是非,試してください。おいしいですヨ~
(2005年03月16日/「冷やし朝鮮そば」より)

 こういった酒の肴をブログに書く喜びは,読者からのコメントにもあるようだ。

凄い!本格派ですね。私はお惣菜ですが,こちらでは大根の面取りまでしている。その上,そぼろあんをかけるなんて面倒に思ってしまうのですが。きっと味も断然違うでしょうね。脱帽!
(2005年11月24日/「大根といかのそぼろ餡かけ。」へのコメントより)

 ただこんなコメントをもらえるのは,嬉しさだけでなく緊張感にも繋がるようだ。

 「酒の肴をこうやってブログで公開していると,手抜きすることができません。しかし,それが緊張感に繋がり,がんばって調理するのは結構楽しいことですね」

 とめごろうさんは,こう語る。

 緊張感が楽しいという言葉は,なんとも新鮮な響きを持っているような気がする。

 団塊の世代の方をはじめ,歳を重ねていくとなかなか緊張するということがないかもしれない。しかし緊張感を持って生活するということは,生活に潤いを与えてくれる。緊張というのは,なにかと忘れがちな生活に張りを与えてくれる,大切なファクターなのではないだろうか。

 あなたもブログを通じて緊張感を感じることで,生活に新たな潤いを持ってみてはいかがだろうか。

(岡部敬史)


この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a66c427e970b0128756d929c970c

Listed below are links to weblogs that reference

» ゆったりのんびり料理です! from おじさん達のダイエット
休日です。頭空です! 今日の空です。小雨がぱらついていますが、 爽やかな朝です。走りました! 皆様にもこの爽やかさをプレゼント 5kmのランニングから今日の始まりです。 その前に充分な柔軟体操で筋肉を柔らかにして走り始めます。 毎日同じコースを走りますが、いつも少しですが体調の違いに気が付きます。 途中サミーの訓練中に全速力で走ったのでやや疲れ気味でしたが、折り返し地点で回復してそのままゴールです、カッコウと鶯が鳴き雲雀がうるさくおじさんを元気づけてくれます。 そろそろ燕... [続きを読む]

トラックバック送信日 2006/05/15 17:55:49


この記事へのコメントは終了しました。



セカンドステージ メール配信開始
サンプルを見る
サイトマップを見る
ブログ記事
セカンドステージ編集部ブログ
  • 実録セカンドステージ
  • セカンドステージ連載一覧

    日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

    ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

    本文へ戻る