このページの本文へ
ここから本文です
最新のコメント
最新のトラックバック
最新のエントリー
大人のブログ探訪

ソノラ砂漠の片隅で

2009/02/19

ソノラ砂漠の片隅で

 米国に「グランドサークル」と呼ばれる一帯がある。場所は、西部にあるユタ州の南部からアリゾナ州の北部にまたがった半径230キロほどの一帯だ。この円内には、大地の隆起とコロラド川による浸食によって形成された「グランドキャニオン」のほか、砂漠の中に巨大な岩山が点在する不思議な光景を作り出している「モニュメント・バレー」。砂岩が風と水によって浸食され、岩の表面を滑らかな曲面へと変えた「アンテロープ・キャニオン」などの名所が点在している。

 名前を聞いてもピンと来ない場所もあるかもしれないが、写真を1枚見ればおそらく誰もが「この場所か!」と思われるに違いない。とくにモニュメント・バレーなどは、西部劇映画の定番『駅馬車』や『捜索者』などの舞台として撮影に使われた場所。映画好きな方なら、すぐに分かるはずだ。グランドサークルは、まさに自然の宝庫と呼べるような場所。ネイティブアメリカンの聖地にもなっている場所があるというのも、うなずける。風光明媚という言葉を超えて、荘厳さを肌で感じられる数少ない場所だ。

 そんな大地のパワーを感じられるグランドサークルから南へ行った場所、米国南西部の砂漠で暮らす日本人女性がいる。アリゾナを拠点として、アウトドアライフを実践している「ソノラ砂漠の片隅で」のezoistさんだ。ソノラ砂漠とはアリゾナ州南部からカリフォルニア州、メキシコ北西部にかけて広がる砂漠のこと。

 ezoistさんの拠点は、この砂漠の東部になる。雪の北海道から灼熱の砂漠へと移り住んだというezoistさん。手がけるブログの魅力は、なんといっても日本では先ず見られない動植物、風景がたくさん紹介されていることだろう。

 先に紹介したグランドサークルへの旅行記もその1つ。4日間かけて回ったスポットを、写真と共に紹介している。一体、どのような場所なのか。実際に写真で見てみようと考えた方は、「ソノラ砂漠の片隅」にある「アリゾナ」というタグ項目をのぞいてみて欲しい。この他にも、米国内の温泉巡り、ハイキングのレポートなど、現地に住んでいる人ならでは記事が多数掲載されている。

 ブログに紹介されている写真を見ていて気づくことは、山を散策しているときの写真一枚を見ても、どこか異国情緒があるということだ。写真に映し出されている植物や風景が、国内の風景とはどこか違う。異国情緒といえば簡単だが、やはり本場のアウトドアライフは、どこを切り取っても絵になると思ってしまった。

(原 如宏)



この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a66c427e970b0128756d93d7970c

Listed below are links to weblogs that reference


この記事へのコメントは終了しました。



セカンドステージ メール配信開始
サンプルを見る
サイトマップを見る
ブログ記事
セカンドステージ編集部ブログ
  • 実録セカンドステージ
  • セカンドステージ連載一覧

    日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

    ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

    本文へ戻る