このページの本文へ
ここから本文です
最新のコメント
最新のトラックバック
最新のエントリー
大人のブログ探訪

紙飛行機デザイン工房

2008/10/16

紙飛行機デザイン工房

 多くの人が、「紙飛行機」という言葉を聞くと「懐かしいなぁ」という郷愁の念が湧くことだろう。新聞紙やチラシで作った紙飛行機を飛ばした記憶は、誰にでもあるのではないだろうか。

 その紙飛行機がいまや大きな進化を遂げている。

 「今までデザインしてきた紙飛行機を集め『紙飛行機デザイン工房』として発表することとなりました。これからも紙飛行機デザイナーとして、美しい紙飛行機や、かっこいい紙飛行機、変わった紙飛行機、楽しく夢のある紙飛行機のデザインを研究し、発表していきたいと思います。」

 このように語るのは、今回ご紹介するブログ『紙飛行機デザイン工房』を運営する長松さん。彼は、九州松下電器株式会社などで工業デザインに従事した後フリーになり、今やデザイン専門学校非常勤講師を務めながら「紙飛行機デザイナー」として活躍しているという変わった経歴の持ち主だ。

 では、そんないわばプロの紙飛行機デザイナーが作る作品とはいかなるものなのか。さっそくそのいくつかを見ていこう。

 まずはジャパンカップ全日本紙飛行機選手権大会デザイン部門に 入賞した3機をご紹介しよう。

ジョイント翼とリング翼を組み合わせた未来デザイン機である「FUTURE-X」。
複葉無尾翼機で翼端の連結を無くし、空気抵抗を少なくしたデザインである「Viper-X」。
そして、世界で初めて「らせん翼」というジャンルを創ったという長松さんの代表作「COBRA-X」。

 どれも従来の紙飛行機のイメージを一新するものばかりではないだろうか。

 また、長松さんが作る紙飛行機は単に飛ばして楽しむだけでなく、実用性を併せ持つものもある。それが、特殊効果用紙飛行機「TONBY」なるものだ

 これは、翼の部分に印刷をすることによって商品や企業の広告にできるほか、コンサートやスポーツイベントの演出にも使えるという。また、通し番号を入れてクジにするなどいろんな工夫ができる点も実に面白い。こういった演出に紙飛行機「TONBY」を使うと記念品になり、仮にクジに外れてもゴミにならないところがとてもいいなぁ。

  そんな「TONBY」が実際に2000機使われたイベントの様子が動画で紹介されている
その様はなかなか壮観なので、ぜひ一度ご覧いただきたい。

  最近、ある歌手のコンサートでは「TONBY」が1万機、一斉に飛び回ったこともあるそうだ。

 「このブログを通して、多くの人に見てもらうことで、紙飛行機に興味を持っていただき、実際に作って、飛ばしていただけたら嬉しいですね。また、『TONBY』や東急ハンズで販売されている『GALAXY-X1』『TRAINER』などのオリジナル紙飛行機キットの販路がさらに拡大できればと思っています」

 長松さんは、ブログに期待する効果についてこのように語る。

 こういった新しいアイテムや素晴らしい才能が、埋もれることなく広く認知されるためのツールとして、ブログはもう確固たる地位を築いているように思えてきた。

(岡部敬史)



この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a66c427e970b0120a66c4550970b

Listed below are links to weblogs that reference


この記事へのコメントは終了しました。



セカンドステージ メール配信開始
サンプルを見る
サイトマップを見る
ブログ記事
セカンドステージ編集部ブログ
  • 実録セカンドステージ
  • セカンドステージ連載一覧

    日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

    ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

    本文へ戻る