このページの本文へ
ここから本文です
最新のコメント
最新のトラックバック
最新のエントリー
大人のブログ探訪

目指せ合格! ~大阪検定合格までの軌跡~

2008/05/29

目指せ合格! ~大阪検定合格までの軌跡~

 4月の上旬のことになるが、個人的に残念なニュースが全国を駆けめぐった。そのニュースとは大阪・道頓堀にある名物食堂「くいだおれ」が今年7月に閉店するというものだ。 長年、愛されてきた阪の名物が消えるというのはなんとも寂しい限り。お馴染みのくいだおれ人形、本名、くいだおれ太郎の行く末も非常に気がかりだ。

 思い返してみると、今年になってから大阪という街にスポットが当たることが増えている。1月には大阪府知事選で弁護士の橋下徹氏が当選。就任早々、大阪府改革を打ち出し、賛否両論を巻き起こした。3月末にはプロ野球・セリーグが開幕。阪神タイガースがスタートダッシュを決め、リーグ一位の好調ぶりを続けている。

 船場吉兆のような悪い話もあるのだが、大きな目で見ると大阪という街にスポットが当たっていると言うことは間違いないだろう。

 そんな大阪を取り巻く政情の中、楽しみにしているイベントがある。数年前から全国各地でブームとなっているご当地検定だ。観光地などを中心に、街の歴史や地元ならではの知識を問う。ご当地検定の火付け役と言われる京都検定は毎年1万人近くの受験生が全国から集まってくる。地域活性、地域のファン作りに一役買っている。

 実は大阪でも2006年頃から「大阪検定」を実施しようという話が持ち上がっている。地元の大阪商工会議所の平成20年度主要事業一覧にも、「大阪検定の実施準備」という事業内容が記されているのだ。一大阪ファンとしても、これは聞き流せない話である。

 ブログの中には、いち早く大阪検定に向けて動き出したところがある。なかでも筆者の一押しは「目指せ合格! ~大阪検定合格までの奇跡~」だ。ブログを執筆するむーさんは、大阪市内で運営されている無料ブログサービス「オオサカジン」を運営するスタッフの1人。

 大阪密着を掲げる同サービスの名にかけても、試験に落ちるわけにはいかないと、大阪市内を取材。興味深い記事を毎回執筆している。記事のジャンルは大阪の歴史、文化、食、名所、経済など実にさまざま。大阪を深く見つめ直すブログとして、はたまた観光で大阪を訪れる方にもおすすめしたいブログである。

 また、ブログでは不定期ではあるが「大阪検定クイズ」を実施している。さながら大阪検定の模試のような企画で、これがなかなか難しい。いくつか試してみたが、散々な結果となってしまった。本当の大阪検定の実施時期は未定だが、ブログで大阪検定の気分を味わいつつ、本番の試験が実施されるのを待っていきたい。

(原 如宏)



この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a66c427e970b0120a66c4444970b

Listed below are links to weblogs that reference

大阪を、日本を外国の方に紹介するにはまずは地元を知ることが大切と思います、日本は世界各国のニュースは流しているが、他の地方のニュースはめったに目にしないといった方がよい、大阪は東京よりも歴史があり、「江戸検定」に負けない参加者と質問を期待しています。

投稿情報: 黒岩 久雄 | 2008/06/04 8:58:05

大阪を、日本を外国の方に紹介するにはまずは地元を知ることが大切と思います、日本は世界各国のニュースは流しているが、他の地方のニュースはめったに目にしないといった方がよい、大阪は東京よりも歴史があり、「江戸検定」に負けない参加者と質問を期待しています。

投稿情報: 黒岩 久雄 | 2008/06/04 8:57:40


この記事へのコメントは終了しました。



セカンドステージ メール配信開始
サンプルを見る
サイトマップを見る
ブログ記事
セカンドステージ編集部ブログ
  • 実録セカンドステージ
  • セカンドステージ連載一覧

    日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

    ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

    本文へ戻る